ーー外資系コンサルティング職 30代 顧客様のご感想ーー


外見やTPOだけでなく、内面との整合性を重視して服装選びにつなげていくカウンセリングのあり方が素晴らしいと感じました。目指す方向性に合致していて、かつ居心地が良い服装のヒントをたくさん得ることができました。これまで服装にかける労力は最低限にしたいと強く思っておりましたが、服装で自分を表現できる楽しみを教えていただき、日々の豊かさが大きく増したように感じております。これからも適宜お世話になりたいと考えております。引き続きどうぞよろしくおねがい致します。
ーー外資系コンサルティング職 30代 顧客様のご感想ーー

「楽をしたいから、段取りを考えて工夫をする」
仕事ができる人ほどルーチンワークなどを工夫して上手に楽をする
というお仕事ハックはよく言われる事ですが、装いも同じように考えられます。

忙しくてつい衣食住の当たり前の日々が後回しに、、、
でもそれでいいとは思わないので

「ミニマムにしたい」→断捨離
「お手入れが楽に」→断捨離
「心が痛まないよう」→ファストファッション
「考えなくていいように」→アウトソース

となる【気持ち】、
私も働きながら食べ盛りの男児2人を育て、何もかも完璧にはいかないこと
とっても共感します。
でも、ちょっと待って!!

手を抜く=やるべきところに集中できる、ともならずに
(自分では気にならなくても周囲から)
見えるから気にかかる、というのも衣の側面。
ずーっと心に引っかかっている、のは衣食住が生活基盤だからとも言える。

最小限に・最適化したい、という声は一見ドライで冷たくも感じるが
きちんと手をかけられる自分のキャパシティを知るからこそ、
1つ1つに愛情を持ちたいからこそという【温かい想い】が底にある。

ご家族と囲む食卓だったり、
ほんの一品でも作り置きやさっと浅漬けを出すように
(リアルな今夜の出来事w)。
難しい事じゃなくても ホットする何かが 衣食住の「衣」の中にもある。

「ここは」という一線をどこに引くか、
工夫をどこでしたら気持ちも時間も負担を無くして
集中したいことに取り組めるのか。
それぞれの日々の中の装いを一緒に考え歩んできたいです。

楽になった、ではなく 豊かになった、というご感想をいただけたことが
何より嬉しい!!

そんな私は、4月から中学生になった長男に
制服のブレザー&パンツをハンガーにかけろ!ブラシかけろ!
と叫びまくっている毎日。。。
豊かさに向かって、一緒に歩んでいきましょうー!!

============
「装いのライフハック=プロパーソナルスタイリストに相談」も、あると思います!!
▼一緒に進んでいきましょう
「プロに頼むってこういうことか!」というご感想
https://ameblo.jp/fashionrescue/entry-12455617966.html

▼ご相談はお気軽に
https://fashion-rescue.com/cs/contact-2/

============
「(動画で)顔は出せないけど文章でなら喜んで感想使ってください」と温かい笑顔でおっしゃってくださった顧客様、本当にありがとうございます^^
連休明けの金曜日、皆様お疲れ様でした☆