モダンフューチャリズム2013 by けいちゃん

更新日:2013/02/27


307305_342216815882961_985583041_n[1]

人一倍明るいお人柄が魅力の法泉寺講師から出されたのは「カーヴィラインを取り入れたモダンフューチャリズムを手持ちの服でコーディネート」という、なんとも楽しい課題。先生の遊び心に応えるべく、私も思いきり愉しませてもらいました。

モダンフューチャーはテクノロジーへの憧れを敢えてキッチュに表現するスタイルで70年代に始まり繰り返しファッショントレンドに現れてます。速度を感じるスタイリッシュな流線形が近未来を感じさせるのと、光る素材、モダンな柄が特徴。
今年のレトロフューチャリズムは、スポーツテイストを取り入れたり、レースなど柔らかい素材との組み合わせ、またパターンオンパターンなどで、デザイナーごとに異なる表現で過去とは違う2013らしさを出している様子。

私流のモダンフューチャースタイリングを解説します。古い服を大切にして工夫して使う所が私流です。

< シルエット >
そのままだとAラインにラッパ袖のスプリングコート。裾と袖口にゴムが通してあるので絞るとバルーン型のカーヴィラインに変身。

ワイドスタンドカラーが2重に付いていて、花びらのようにエレガントだが立てるとシャープさが増して未来感ある雰囲気。
ウエストは元々軽く絞ったデザインだが、ピンワークでさらに強調したウエストマークを表現。
実はバックスタイルのパターンが個性的で、ウエストまではセンターラインで切替、ウエスト以下は横に3段の切替がモダン。

パンツはフィットしたストレートライン。曲線の切替を多用した立体裁断でデザイナーのこだわりが感じられる完成度の高い3Dなヒップラインが特徴。

< テキスタイル >
コートはシャリ感のある薄手素材で、色はシャイニーなシャンパンカラー。キラキラした輝き具合が正に近未来的。

パンツはアルミを織り込んだシルバーの糸とスカイブルーの織物。少し厚めで張りのある生地が少し宇宙服らしさを感じる。

< 柄 >
パンツのジオメトリック柄は、プリントではなく織り柄。
おまけで特別出演の長男のポリエステルシャツの柄も正に”The 70’s”モダン

< 小物 >
ヴェルサーチのサングラスは白フレームに細かいドットのポップなデザイン。
大ぶりのキューブをつないだメタリックシルバーのネックレス。
ホワイトレザーとストライプの織り生地のコンビのミディアムロンググローブは、本来ヴィヴィアンお得意のクラシカルデザインだがここではカラーコントラスト部分を考慮して採用。
持ち手がシルバーのキルティング素材ミニバッグは蛍光アップルグリーンのフラッシュカラーが差し色に。
ここまで作り込んだスタイルだと帽子は必須、オーソドックスな白いベレーの被り方を工夫して。
子供の帽子はスキー用の防水素材と耳当てのデザインがフューチャーリズムを連想させる。

スプリングコート: MB Lucas Cachette (2012年購入)
グローブ : Vivian Westwood Gold Label (1998年購入)
パンツ : Junya Watababe comme des garçon (1998年購入)

47017_342221462549163_612627441_n[1]

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top