江原早織
1987年9月16日生まれ 京都府京都市出身
女性
ルックステイスト AC
ペルソナテイスト MC+NB

京都府立高校を卒業後、バンタンキャリアスクールスタイリストコースを経て
2010年パーソナルスタイリストジャパンに入学、2011年 8月ファッションレスキュー入社
自身の体型的悩みを生かし、コンプレックスと向き合う女性のスタイリングを中心に担当している。

<実績>
講演、イベント
・東京家政学院 着こなしの技法講座
・法政大学課外教養プログラム 装力講座担当
・ロエベジャパンカンパニー 『LOEWE Made To Oder Collection 2013』スタイリングセッション
・伊勢丹新宿店クローバーコーナー スタイリングイベント実施
・東京モーターショー某メーカー様ブース衣装スタイリング
・中京テレビ 『24時間テレビ37』 政近スタイリングアシスタント
・株式会社ニッセン スマイルランドwebサイト スタイリング

書籍、雑誌
・政近準子 著書『働く女性のスタイルアップ・レッスン』執筆アシスタント
・NHKeテレ 『まる得マガジン』(テレビ放送、テキスト撮影)
・株式会社マガジンハウス 雑誌『クロワッサン』11/25号 取材記事掲載

テレビ出演
・テレビ朝日 『日曜×芸人』出演、13春/秋衣装スタイリング
・フジテレビ 『めざましテレビ』 ココ調コーディネート解説
・東京MX 『5時に夢中!』夏の着やせスタイリング解説

装力とは、「自分」を越え続ける力。

綺麗に着飾るだけではない、目指す姿がありそこに向かう意志があり、
装いはその背中を押す役割としてその人自身を輝かせるものだと
日々お客様の変化に向き合いながら実感しています。

私のスタイリストとしての“目指す姿”は、
お客様の積み重ねてこられた経験や個性と真に向き合い
いわゆる ありのまま ではなくその先へ、越えていく力となること。
越えていく という姿は自身も立ち向かい見せ続けることで指標となること。

パーソナルスタイリストという職業自体、ちっぽけな自分という枠を超えて
多くの 私にとっては先輩となる方々の 人生に触れる仕事です。
そうしてこれまで出逢ってきたお客様方から そこに寄り添うに相応しいスタイリストで在るよう
目標と覚悟をいただいてきました。

私自身、学歴は高卒
家柄は超・庶民でありながら 在日韓国人2世の家庭で複雑に過ごし
自身の生まれ持った姿 女性性とも向き合い闘いながら
パーソナルスタイリストの道を選び
装力を翼として コンプレックスに打ち勝つ覚悟を持てたことは
宝物のような経験です。

多くの方が、外見・内面問わず自信のなさや不安と葛藤する日々だと思います。
そんな人々の 未来への大きな一歩となる装いの力を
パーソナルスタイリストとして全身全霊一生をかけて届けていくことで
皆さん一人ひとりの本当の力が世の中に発揮されていくよう
これからも 越え続けるスタイリストの姿をお見せしていきます。

It's only fair to share...Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter

ファッションレスキューですから年中無休

わずかな自己投資で、輝くあなたを見つけにきませんか? 思い立ったらお問い合わせください
(お忙しいあなたもどうですか)
まずはこちらのお問い合わせフォームよりご相談ください24時間受付中>>>
Top