批判なくして前進なし。 

更新日:2017/09/20


批判なくして前進なし。 そして 似合わせる、という話も。

うちのスタッフ
今それぞれ戦っている

自分はやってるつもり、と言い訳が
ひとつでも出てくるうちはプロじゃない。

やれそうなこと、たのしそうなこと、
言われたことだけ、それ以上はしない
そういうのは仕事じゃない 誰だって代わりがいる。

プロフェッショナルって
次の仕事が来ることだよ

仕事がまた、仕事を呼ぶひとのことだ。

そういう人になるには
甘い環境では無理。甘い精神・平凡になるから。
アマチュア、素人の域を超えられない。

批判が飛んでくるということは 宝。

前進の可能性を頂く、そして死んでも答えようと努力できる
場があることは奇跡に近い幸せ。

そしてプロとは 過酷な締め切りがある人のことをいう。
その日までに日々何をして、どう準備して、
考えれることのすべてをやり尽くして
結果を出す人。相手のことを思い、人のためにだ。

いつもお世話になっている顧客様 クライアント様
心からありがとうございます。

誠心誠意 仕事をさせて頂きます。

ひたむきに 地道に 裏切ることなく仕事をしていく覚悟
そういうものからしか真のファンはつきません。応援もして頂けないと
思っています。

かといって真面目すぎて暗いのも あかーん。
ユーモアを忘れずに ご機嫌でいこう!😊

画像はうちのスタッフ女性陣たち。クラシックパーティーのひに。
実は政近の私物ドレスをそれぞれ【似合わせて】着ています。
この日から西畑のドレスは本人のものに。^^

ブラックドレス
政近 総シルク・フルオーダー
西畑 二コールミラー
加藤 クリスチャンラクロワ
江原 ナネットレポー
新メンバーの長野は写ってないけど またの機会に。

ネックのアンティークレースはお揃い。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top