ダナ キャラン × 熊坂仁美

更新日:2012/12/06


『 憧れが、自分のものとなる日 』

~ 熊坂仁美に ダナ・キャランを着せる。
キャリアの頂点ともいえる服が、今を輝き生きる彼女にふさわしい。~

熊坂仁美
今やソーシャルメディア界で、この名前を知らない人はいないという存在ですが、毎度会うたびに進化を遂げていく、
革新的、刺激的、本質的な親友の一人であり、クライアントです。

はじめて出逢ったそのころから
彼女は ニューヨークのキャリア女性のイメージに憧れると
言っていた。ダナ・キャランというブランドネームを出せば
「かっこいいよね~、憧れる!」 と。

昨夜は 憧れが 自分のものとなった日。

私は、ハイブランドに着られているうちは
ハイエンドなものは着せない主義である。
いくらお金があろうとも
その生き方がふさわしく、結果を伴う人でない限り
誰もがそれを 本当に素敵だとは思わないからだ。

ただ 高そうなものを着ている、ブランドだから着れていいな、等という低俗な見え方になってしまう。

昨夜、彼女は羽ばたいた。
もう ダナキャランに負けるどころか、ダナキャランの価値すら上げている。
ブランドに頼る着方ではない、服が喜んでいるように見えた。

今回のチョイスは彼女が登壇する500人、ビッグイベント、クラウド・エキスポ用にチョイスしたもの。
画像はショッピング中@新宿伊勢丹 ダナキャラン。
いったいどんなスタイルなのか、実際足を運べばナマ熊ちゃんを見ることができます。
もちろん 話の内容はソーシャツメディア界のトップランナーが伝えることですから 間違いなく本質的&パワフルなはず。
まだ、若干、参加可能なようです。↓

http://cloudforcejapan.com/cloudexpo/index.html?ss_ad_code=70130000000sqeF

憧れを自分のものとしていく人は
いつの間にか、その人自身が多くの人の憧れの存在となる。

彼女の今は まさしくそんな存在だ。

ダナキャランが似合う、ほんものの大人の女性に
スタイリングできる喜びもまた 格別。
熊ちゃん 昨夜もありがとう!

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top