NEWS

【 一着入魂 】心斎橋リフォーム

更新日:2017/03/18


【 一着入魂 】

洋服のお直し(リフォーム)は もはや現代的でポジティブな行為である。
新しいものだけが、お洒落なのでは、ない。

心斎橋リフォーム東京・一周年記念パーティーにて。

実は私、こう見えて(どうみえてるのや?)お直しマニア。
高校生の頃から制服を改造しまくり、丈詰めやウエスト絞りだけでなくデザインまで変えて、裏地、ポケットまでいじり倒す学生だった。

当時から、お直しには無限の可能性がある、と私は思ってきた。
それはもちろん、今は更に、更にである。

サイズを直すだけなんじゃないの?裾上げはやったことあるけど?なんて寂しいことを思っている皆さん、
それはあまりにお直しの極意を知らな過ぎる。

又 買ったものをそのまま着るのが当たり前と思っている人も
何と勿体ないことか。
ちょっとした微調整がどれほど洋服のシルエットを完ぺきに
近づけるか 想像したことある?

もともと あなたの為につくられたものなんて 吊るしでは
売っていないわけです。私はほぼ、直して着ますよ。

洋服の「きまり」は最後は「着こなし」であるが
そもそもアイテムごとのフィット感が「野暮」だったら、話にならず。

このフィット感も時代によって変わるからね。
ピッタリっていったって そもそも時代によってジャスト感覚が違うわけで。

古いものを新しく蘇らせるには、今を読むセンスも必要だし
自分でどう料理したいのか?が明確であればあるほど
お直しの技術を持つプロたちとの仕事は
想像を超えた価値あるものに仕上がっていくのだ。
まだまだうちのスタッフ達はお直しにおいては修業が必要だが
パーソナルスタイリストのスキルとしても 必須といえよう。

昨夜のパーティーの主催者は
ファッションレスキューがお世話になっている心斎橋リフォームさん。
1年前に東京に出展されたかと思いきや
あれよこれよと2店舗に拡大 大きな発展を遂げられている。

時代がお直しをポジティブに捉えだしたという事もあるでしょうが
お招き頂いた内本ご夫妻のお人柄と技術の確かさが
実績につながっていらっしゃるのでしょう。

その 手厚いご交流を証明するような
昨夜のパーティーでの、業界の大重鎮の皆さんの素晴らしいお顔ぶれ。とても贅沢で豊かな時間を過ごさせて頂きました。

これからも、心斎橋リフォームさんの更なるご発展を
祈念しています。

みなさん お直しなんて近所の裾上げするところしかしらないし!
何て言っていないで (その考え方が野暮いよ)
大切に蘇らせてくださいな。

いや 大切にしたいと思うものを普段からちゃんとセレクトして
お直ししながら、長い間着用できるものに、囲まれて生きてください。

そろそろ安価でテキトーな、大事にしたくもないような
ペラペラの服を買うのなんかやめて
ちゃんとしましょうよ。

お手入れ お直し 手間暇かけて、毎日の暮らしをきちんと底上げしよう。

新しいものだけがお洒落なんじゃないんです。
新しいものだけ、でコーディネートを組むと 味も出ないしね。
自分スタイルなんて持てません。

さぁ 心斎橋リフォームへ、行きましょう!

◆心斎橋リフォーム https://s-reform.co.jp/
丸の内店 六本木店 有

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top