NEWS

誰から学ぶか?によって 天井の高さは 決まる。

更新日:2017/02/24


誰から学ぶか?によって 天井の高さは 決まる。

◆容姿は 神が決める
◆品性は 育ちと意志が決める
◆リーダーシップは 資質以上に内面からみなぎる【パッション】が決める。(もちろん、実力伴ってこそのものだが)
注☆長文だが読み甲斐は間違いなし。よんでね♡

容姿は神が決めるが 服装という武器によって
チャンスは格段にアップ。実力もそれについてくる。45以降は生き方。

で、こんな偉そうなこと書いて
私だけ冬もの着てんじゃん。汗っ。なんて二人は春なんだ!!

この爽やかな二人は ATAIRU JAPAN代表の川嶋治子さんと、Forbes JAPAN副編集長の谷本有香さん。
女性のリーダーについて対談 @紀尾井フォーラムでした。

「女性の生き方・働き方・リーダーシップ」がテーマ。
昨年開講された、ATAIRUプログラムの第1期生の皆さんと
外部から参加の方々も聴講されていて
私は 光栄なことに来賓としてお招き頂いた次第。

やはり どんな学びもそうですが 誰から学ぶ?によって
その天井の高さは決まってしまう。
ホンモノから直接、シャワーを浴びる機会を持つこと。
これ まじで肝心なんです。

私も まさかの来賓一言のフリがあり(光栄極まりなく)
リーダーについて少しだけお話しさせて頂くことに。
その上、誕生日翌日で、思いがけず花束の贈呈まで
…かなり恐縮してしまいましたが、素直に嬉しかった♡

さて本題、お二人の対談は、よくある女性同士の
「そうよね~♡ 私もそう思います~ 」みたいなノリは一切無し。笑 同じ質問やテーマで応えても、考えが良い意味で違うわけです。
これこそがリーダーよ。

「みんなと同じ~ 私もあなたも~ きゃー」 みたいな人は
100年リーダーになれない。
共感は大事であるが、全く同じ意見というのは変なわけ。

「わたしのこと わかって 認めて 見てみて かまってちゃん」
も、1000年 リーダーには なれないわな。
生まれ変わったほうが早い。

『私はそうじゃないかな。ちょっと違ってて。。』という
スタンスで二人が真剣に掛け合う姿は

正直心地よかったし、それは リーダーの絶対条件だ。

なぜなら リーダーとは孤独なんである。
そしてトップ オブ トップであるほどクレイジーである。

これは職業柄多くのリーダーたちのスタイリングを日々
担っている私にはダイレクトに 実力のレヴェルによって
明らかにその傾向があり、間違いなく、つるむ系の人は
いないんである。

もちろん 悪い意味じゃなく 表面上の寄り添いや、その国や会社、所属する島によって,『手段としての共感』や
『集団の中で人を生かす』のがリーダーですから、
ぐっとこらえて 本性は出せない場合も多い。
これも能力。これ日本の特徴だけど。

でも、真のトップはクレイジーだから
その次元は超えてしまっているものなんだけどね。

これ以上の深いところの話は よくある、なんちゃて
女性起業家の集まりのような所ではできない話。
できないというかついてこれない人が多い。

男性と肩を並べるのではないが 男性脳は必要だと思う。
が、しなやかでなくては女性リーダーである意味もない。そこの
バランスについて、理路整然に応える 聡明でエッジィな谷本さんと
まだまだ甘い、と言いながらも 明日から出来る行動や
考え方のヒントを丁寧に伝える 柔らかでニュートラルな治子さん。

世界的に見れば女性の真の活躍については ボトムな日本も
次世代の、こんなにも魅力的なリーダーが出てくれば いずれ
追いついていくのではないでしょうか。頼もし~

それにしても有香さんの『怒り』についての下り。
しびれたわ。怒りは大事でいつも怒ってきたって話は正直
他人とは思えず。山一證券エリートだった彼女。どんだけ~(古)
だったか・・いきなり、絶対だったものが潰れるわけですから、そこから這い上がるに
怒りをエネルギーに変える必要があった。いいな こういうの。

いい人ぶる人多いから 本当にすっきり。

そんでまた 治子さんの愛情オーラが パナイ。
このひとどこまでピュアなんだろ。ピュアも本物の条件。
さて 私はと言えば 突然の一言で話すは 普通に(笑)
十八番の【装力】について。
リーダーたるもの 服装がイマイチっていうのはあり得ないわけです。

いまだに仕事さえできれば、という化石のような人もいますが
その考え方自体がすでにリーダーではない。
気持ちが解らないでもないけど私はもう何百人も
この化石のような女性達の装いを変えて 管理職へ昇格させてきたのだ。起業家達も服装で大きく飛躍していったし。

結果、本人以上に周囲が、社会が喜ぶという事。

実は 今回お招き頂いたのも 治子さんの服装を
ここぞという時 担ってきたお付き合いがあるからなのです。
治子さん自体が その成功例。元々綺麗な人だったけど
更に未知の世界に抜きん出て頂いた。
どこまでいっちゃうんだろう。天井知らずね。

また 人々の一生には、チャンスが幾度もくるわけだが
服装に心からイエスと言えないひとにチャンスは少ないんです。
言い方を変えると チャンスなのに服装がイマイチな為に
そのチャンスを完ぺきなものにできないの。

チャンスはね、 完璧な条件でなんかやってこない
チャンスかも?という曖昧なものを えい!と
掴みに行けるかどうかの 差なんですよ。
躊躇している間に、あっという間にチャンス何て逃げちゃう。

いつもスタンバイOKな装力を身に着けているのがリーダー。
チャンスも多い分、苦労も多いが、全部を超えていってしまうんです。

そしてリーダーは 理想や夢、ミッションやパッションをもって
なきゃ話にならない。持つだけじゃない【配れる人】であること。

自分自分の人は まず無理。リーダーって
自分探しするような暇な人は一人もいないからね。

そんな 話、してみた。

この日アタイルジャパン第1期生で学ぶ ココちゃんとも
再会。実は彼女PSJの教え子でもあるの。
ファッション + アタイルプログラムは 正解。
良い師匠をまた見つけたね。

また 司会はなんと あの のんさんこと、堤信子さん。
相変わらずの美声と可憐さ、仕事ぶりの
安定感に、さすが (^o^)と見惚れ聞き惚れ。
彼女とは10年以上前にテレビでご一緒させて頂いたのです。

スタートアップグラインドと登壇時にお世話になった
小林悟さんとも再会を果たし、刺激的な倖せ時間でした。

来賓で来られていた
総理大臣補佐官 柴山 昌彦 さん
Peatix相談役 竹村 詠美 さん
会場にいらした Happy Woman Festa実行委員会の
西宮 さん 吉田 さんなど、
新しい出逢いもあり、治子さんには感謝としか言いようがないわ。

有意義な時間、ありがとうございました。
うちの次世代のリーダー 西畑敦子も大いに学んだ様子。

◆写真は
photo:Meet the photo 大槻 真巳 (Mami Otsuki)さんより
複数・頂戴いたしました。さすがプロ。アタイルの生徒さんや
運営スタッフの皆さんとも。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top