NEWS

中国新聞 いい日、いい服・連載2年目突入

更新日:2017/03/20


着ること、着せることはできる。しかし
着こなし、を教えることは不可能に近い。

着こなすとは 着熟すこと。

ただ着るしか能がなければ 若い時が一番美しいとなる。

着こなせるからこその魅力は若さなどものともしない。

こなすということは やってみるしかないわけで これが座学でまなべるということは決してない。

もちろん

やってみるのは 着こなすための練習だけではない

人生において頭で考えるだけで動かない
具体的策を毎日積み上げて汗を流さない人に

こなす、という粋な、そして究極の結果は訪れない。

それは仕事でおいても。

結果から逃げる人間の薄さ、甘さ、自己満足は
ただ服を着ている姿と似ている。

こなすというと軽い意味でも受け取りがちな言葉ですが
もっとも努力の上にあるもの

魅力的な人生を送る人々の影の継続の上にあるものと
私は確信している。

10年 いや20年と継続しなければ
こなすに至ることはないのだ

まぁ こなすとは熟すと 書きますからね。

中国新聞 いい日、いい服・連載2年目突入。
1年の契約でしたがおかげ様で2年目継続となった。

今回は メンズ白シャツの「きこなし」の話。

着こなすとは、着熟すこと。

着るだけなら お金でできる 着るは若さに頼ることも可能だ

しかし 着こなすとはお金では手に入らない
若さに頼るのは最も、見苦しい。

深いの、です。

◆追伸 教えられないが真似ることは可能。
同じようにはいかなくとも やってみることは身に付く。

◆白シャツLLサイズ(あえて)ミック・イタヤ ビームスコラボ
パンツ アルマーニ
ボータイ リツコシラハマ

◆激写by シンセカイ 夫婦連載です。実は。^^

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top