NEWS

【 名は人を現す・衣はその人の中身(役割・使命)を現す   非言語コミュニケーション 】

更新日:2017/03/15


誰よりも、一番のファンであるか?

【 名は人を現す・衣はその人の中身(役割・使命)を現す
非言語コミュニケーション 】

この日のスタイリングオファーは、川嶋治子氏。【治める人。】
この女性(ひと)は何か大きなことを治めるために生まれてきた人。
出逢った瞬間から、まっすぐに人の目を見る、侍のような人だった。・・

国連が定めた国連女性デーに
渋谷ヒカリエで行われたHAPPY WOMAN FESTA 2017。
オープニングセッションには
内閣総理大臣 昭恵夫人、シンガーの倉木麻衣さん等が登壇。
華やかな幕開けと共に、私の大切な顧客であり
志を共にする仲間、川嶋治子氏のパネルディスカッション
(渋谷区長、東急電鉄取締役 巴様氏らと 登壇)&
21時からのアフターパーティーでの、待望の新企画発表を交えた
最終挨拶で再び登壇する

その装いを、オファー頂きました。

パネルディスカッションでは ドレスコードの黄を全身に。
セットアップでイベント後も活用しやすく配慮し
アウターには弊社ファッションレスキュースタイリストオーダーで
制作した 白襟ネイビーストライプのジャケットを。
男性お二人と並んでも、きりりとスパイスが効いた
知的でエレガントな装いを可能に。イエローは難しい色ですが
治子氏が持つ内面からの人を照らす明るさ、ピュアで前向きな
オーラが自然にマッチ。ネイビーストライプジャケットが持つ
強さが絶妙なバランスで 【治子パワー】を表現しています。
胸のコサージュは、登壇者にプレゼントされたみたいですね^^

パーティーで発表するアカデミーのコンセプトは
「サムライウーマン」
日本女性が持つ気高さや腹をくくれる強さ、人を立てたりわきまえて一歩ひくこともできる聡明さなど、忘れ去られてしまった精神性・あるいは海外かぶれの女性リーダーシップを目指して本来の自分を忘れ表面的な強さだけで戦おうとしている日本女性を呼び覚まそうというコンセプトが、身震いしますね。

このコンセプトがピッタリな治子氏。

その顔としてが立つ治子さんには黄色いお着物に 黄金の
リボンヘアバンド、バックスタイルにはミモザの花をあしらえての
パーティーシーン・最初は皆さんとの和やかな歓談シーンから
はじまり
ネイビーチュールハット(ハットと言ってもパーティー用の
へアード、いわゆる被りきる帽子とは違い 洋装のフォーマル
ドレスに合わせても良い格式のお帽子になります。)
に変身しての、ラスト登壇を絞めて頂きました。

そう 実はお着物でのスタイリングにお色直ししているのです。

靴はあえて、パンプスを合わせていますが 通常、政近は
お着物でこのような和洋折衷コーディネートをむやみに
提案することは 決してございません。

しかし今回の 渋谷ヒカリエという場所設定や
ハッピーウーマンコンセプト、集まる方々の雰囲気、
治子氏が担うお役割りを考えれば
基本中の基本でお着物を着るだけでは、

【侍ウーマン】が返って伝わりにくいと判断。

今回、絶大な信頼を寄せるヘアメイクのプロであり、着付け師の そうますずよ氏にお願いして、黄色いお着物と帯数点の調達を急遽オファー。
政近が準備した帯留めや重ね衿のコラボ、お帽子、靴プロデュースとのコラボレーションにより

無事 治子氏だからこそ着こなせる
ハッピー侍ウーマンが仕上がりました。

会場の多くの皆さまに
「あのコーディネートをされたのは政近さんですよね?
凛として素敵だし、あんなに御洒落にお着物が着れるなら
もっときてみたい」というお声を沢山いただきました。

何より 『川嶋さんにすっごく似合っていて、他にもお着物
の方はいらっしゃったけれど、やはり個性が光っていて眼を惹きました。素晴らしかった』という声が嬉しく
このご機会に初めてお会いした、実のお母様とご主人に、とても喜んで頂けたことが

何よりの スタイリスト冥利に尽きる仕事でございました。

パーティー2時間のうちに ヘアコーディネートを
チェンジ、お色直しことになりますが どちらもしっかりご覧に
なっていた方も多く、両方大好きだった♡と
個人的にも多くのメッセージを頂き、感激しています。

侍ウーマンを実現すべく、ラストまでその表現に曇りひとつなく
挑めたのは、「基本のキを絶対」とする着付けを任せられる
そうますずよさんの存在があったからでしょう。

登壇から着替えられる時間は、わずかしかありませんし
黄色いお着物をオファーしたのも前日ですから
その要望に怯むこと一切なく対応してくれる力強い
腕と信頼なくしては、和洋折衷コーディネートを行おうなどとは
思わないわけです。
まぁ 正直私ウルサイです、、、(まじ)
お着物も、、母方は尾張一宮尾州の出、ですから。

和装でも洋装でも、基本のキを知らない人とは
私は仕事を組みません。
なんでもそうですが基本知らずして崩してしまうと、美しさは
半減、遊び心の余裕までを、到底表現することはできません。

登壇シーンは私は立ち会うことが不可能だったのですが
この写真を見ればいかに堂々と気持ちよくそのお役割りを
果たされたのかがよくわかります。

またパーティーでは終始多くの方に囲まれ、
写真を求められたり大人気を集められて、見守る私も晴れやかな
気持ちで素敵な時間を過ごさせて頂いた次第。

私がいつもスタイリングオファーを頂きお引き受けした場合
理屈抜きにいつもいつも絶対としていることが在ります。

それは、服を着せる人の最高の、最大の、ナンバーワンの
【ファンであること。】
誰よりも応援するという気持ちで仕事に臨むこと。

これは多くの後進たちにも伝え教えていることです。

なのでこうも言えます。
一番のファンになれない理由が見えてしまうと
政近はオファーを無責任に引き受けないのです。

私&ファッションレスキューは これからも川嶋治子の
世界一の応援団であり続けるでしょう。
あ、旦那様の次にですかね? 笑

渋谷ハッピーウーマンで出逢った多くの素敵な皆様
ご縁をありがとうございました。
着替え室で出逢った、オーラ全開の楽しいお二人をはじめ(笑)
会場では本当に沢山の方々にお声掛け頂き感謝しています。

運営部隊の皆さんにも、この日は沢山お世話になりました。

大成功おめでとうございます。

これからの発展がますます、楽しみですネ。

最後に、この日も私のアシスタントとして会場に駆けつけ
同じく治子ファンとして多くの準備に精を出し、写真を撮る
弊社スタイリスト西畑敦子。
ごくろうさまでした。サンキュー♡

◆川嶋治子
ウーマンズリーダーシップインスティテュート株式会社代表取締役/国際的教育機関ATAIRU JAPAN 代表
http://ameblo.jp/harukokawashima/entry-12157606269.html
http://womensleadership.co.jp/introduction/

◆政近のブランディングオファーにつきまして、お問い合わせ早速
ありがたいのですが、5月以降・月2名のみになります。

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Top